忍者ブログ
俺様のチラシの裏2.0
[92] [91] [90] [88] [86] [85] [84] [83] [81] [80] [78]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

バルトの楽園を見た。
鳴門の捕虜収容所においてドイツ人捕虜との交流を描いた話だ。
素直に面白かった。
主人公の松江所長のように信頼することっていうのが人の上に立つ人には必要だろう。だからこそ人々も尊敬してついてくるのだろう。ということでマネージャーな人たちは見ておのれを反省するように!

一か所だけ???なところがあった。
最後に第九を演奏するんだけど、その時ティンパニーのヘッド部分がアップになるシーンがある。そのティンパニーのヘッドがどう見てもプラスチックのヘッドなんだよなぁ。大正時代ならプラのヘッドじゃないんじゃないだろうか?と思ったけどそんなの些細なことだ、というくらいいい映画だった。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
So-net Photo
水色のピアニカ
お天気情報
BlogPet
mini AQUA
アクセス解析
プロフィール
HN:
三段透人(俺様2.0)
HP:
性別:
男性
職業:
平社員
趣味:
バイク乗り
ブログクルーザー
ブログクルーザー
カレンダー
08 2019/09 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
バーコード
ブログ内検索